Skip to content

年間通して観光客の多い白浜温泉旅行

和歌山県南西部の太平洋岸に位置する白浜は、沖合いに黒潮が流れているという恩恵もあって、一年中温暖な気候で過ごせる土地としても知られています。

さらに日本最古泉のひとつとしても数えられ、その歴史ははるか昔の万葉集や日本書紀にも詠われているなど由緒ある温泉地であることも有名です。また、白い砂浜が広がる白良浜や奇岩、円月島などの豊かな自然の景勝地もあり、世界遺産に登録された熊野古道の大辺路ルートが2本通るなど、関西を代表するリゾート地となっており、人気旅行スポットには常にランキングされているエリアです。

白浜にはパンダの飼育で有名な和歌山アドベンチャーワールドがあり、動物園や水族館、遊園地が一体となった複合型テーマパークなので子供のいる家庭には最適で、記憶に残る家族旅行が出来ると、長期の休みが入る時期はかなり混みあっています。夏の時期は特に海水浴客が近畿一円から集まってくることでも知られており、小さな熱帯魚とともに泳いだり、日置川流域でのアユ釣りは風物詩としてもニュースでたびたび取り上げられています。

温泉地でも有名なエリアなので、白浜旅行ではもちろん素晴らしい温泉が堪能できる宿を探すのも楽しみの一つですが、どこを選んでも外れが少ないというのも、この地を旅行した人々の共通した意見ではないでしょうか。新鮮な海の幸をいただきながら心地よいお湯につかれば、あくせくした日々の疲れも一気に吹っ飛ぶことでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *