Skip to content

白浜旅行なら風光明媚な海岸線を訪れよう

白浜の海岸線には波の浸食などによって作り出された絶景がたくさんあります。

白浜のシンボルとして親しまれている円月島は、臨海浦に浮かぶ小さな島のことで正式な名称は高嶋といい、島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかりと空いていることから円月島と呼ばれています。この海蝕洞にすっぽりと夕日が収まる姿はとても神秘的で、春分の日や秋分の日の前後の夕方は観光旅行客や写真愛好家が大勢やってきます。近くにはグラスボート乗り場があり、円月島周辺の魚たちが泳ぎ回る綺麗な海中を鑑賞する事が出来ます。

白良浜は真っ白い砂浜が自慢の海水浴場で、夏休みに入ると広いビーチがパラソルで埋め尽くされてしまいます。夏場二回開催される花火大会も白良浜が会場となり、旅行客が押し寄せ一年で一番の賑わいを見せてくれます。海外のビーチを思い起こさせる雰囲気を持っているため、海外リゾートの設定でドラマの撮影が行われたことは、地元では有名な話です。

千畳敷は畳千枚分の広さを思わせる大岩盤で、そこに打ち寄せる波とで作り出す景色は圧巻です。台風中継で毎年のように登場することでも有名です。三段壁は高さ50~60メートルの断崖に黒潮が激しくぶつかり、ダイナミックの光景を目にする事が出来ます。

ドラマの撮影にも何度も登場する絶景で、白浜旅行では外せない場所だといえます。絶壁の中に洞窟があり、源平合戦で知られる熊野水軍が船を隠していたという伝説が残っており、洞窟内に番所小屋が再現され戦いの余韻を感じる事が出来ます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *