Skip to content

日帰りスキーのコツについて

日帰りスキーをする場合は早朝出発がよいです。

東京近郊から自動車で日帰りスキーに行く場合は、距離の関係で、中央高速方面であれば諏訪インター付近か、関越高速方面であれば沼田イインター付近になると思います。自家用車利用の場合は、スキー場までの往復を考えると余裕のある日程がよいです。自宅から高速道路に入口まで30分から1時間程度、高速道路走行は1時間から1時間30分程度、インターチェンジ出口からゲレンデまで1時間程度です。合計で3時間程度かかります。ゲレンデのリフトは8時頃から動き始めるので。

逆算すると5時頃自宅を出れば8時頃にはゲレンデに立つことができます。5時頃は一般道も空いているため渋滞に遭遇せずにゲレンデまで到着することができます。また、高速道路走行中に日の出の時間を迎えるため、ご来光も車内でで味わうことができます。また、だんだん屋外が明るくなっていきますので運転も楽です。なお、もう一つのコツは、リフト券は一日券ではなく、半日券を買うことです。

8時からゲレンデを滑走し、午前中4時間滑走すれば十分にスキーを満喫できます。そしてゲレンデで昼食後、速やかに帰路につくことです。1時頃にゲレンデを出発すれば、高速道路入口に午後2時頃、自宅には4時30分から5時頃には到着しています。この時間であれば大きな渋滞がないので運転も楽です。明るいうちに板やブーツの片づけも完了します。この日程であれば、日帰りスキーにつきものの渋滞や疲労感がなく、楽しい一日を過ごすことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *