Skip to content

旅行に送迎に大活躍な小型貸切バスの魅力

貸切バスは、小型のものから大型まで乗車できる人数によってさまざまなタイプがあります。

一般的に、乗車人数が増えるにしたがって賃料も高くなることから、予定している乗車人数に見合ったサイズの貸切バスを利用することが大切になります。小型の貸切バスは、乗車人数が10名から25名までとなっています。町内会や大学のサークル、学校の部活や職場単位などで利用されることが多いのは、この小型バスです。小型の貸切バスといっても、店員が少ないだけで車内の設備については大型バスに引けを取りません。

テレビやDVDビデオデッキ、冷蔵庫など標準的な装備はすべて揃っています。シートの広さも、大型バスのシートとほぼ同じなので、体の大きい男性でもゆとりを持って腰掛けることが可能です。小型バスは、最大25名までのグループによる日帰り旅行や、結婚式の送迎などで利用されることが多いため、休日や土曜日・日曜日に予約が集中する傾向にあります。

そのため、利用者が多いと予想される日にチャーターしたい場合、できるだけ早期に予約しておくことが必要です。利用する間近になって慌てて探しても、小型の貸切バスが手配できず、やむおえず大型バスを借りざるを得なくなることも考えられます。賃料の交渉においても、時間が迫っているときは不利です。バスの賃料は、営業担当者との交渉によって、言い値よりも下げることができますが、時間がないと交渉の余地がなくなるためです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *