Skip to content

ラフティングツアーの特徴と比較のポイントについて

激流とも言える川をゴム製のボートを使って下るアクティビティのことをラフティングと呼びます。

数名の仲間が集まり場所を選んで川下りを楽しむ人もいますが、この場合は、ボートを自分達で車を利用して運ぶ必要がありますし、激流の川を下ることになるため、ライフジャケットやヘルメットなどの装備も必須です。他にもボートをコントロールするためのパドルやロープ類、ウェットスーツなどの道具も必要になるため、気軽に出来るものではありません。

しかし、ラフティングが可能な川でのツアーを企画するショップが日本全国にあり、こうしたツアーを利用すれば必要なものはすべて貸して貰えるなど、着替えやタオルなどだけを用意すれば気軽にアクティビティへの挑戦が可能になります。

主なレンタル品は、川の中に落ちてしまった時など、流れにより大きな岩への衝撃が起きても頭を守るためのヘルメット、泳げない状況下でも水に浮かんでいられるライフジャケットがあります。

夏場でも川の水はとても冷たいなどからも、ツアーを企画するショップの中にはウェットスーツの貸し出しも行われており、ウェットスーツは浮力を持つ素材などからもライフジャケット同様に水に沈まないなどの安心感もあります。

他には、ボートをコントロールする流れが緩やかな場所でボートを漕ぐなどで利用するパドルなどの装備を借りることが出来ます。これらのレンタル品はラフティングツアー料金に含まれているケースが多くありますが、ツアーを予約する時には確認しておくと安心です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *