Skip to content

沖縄旅行のおみやげは大阪にないものを

旅行へ行って帰る際、ちょっと悩ましいのがおみやげ選びです。

旅行前からおみやげに何を買うか決めている場合は別ですが、旅行の計画や着る物など持って行く物の他、航空券のチケットの手配やホテルの予約などの準備に忙しくて、そこまで気が回らないことが多いと思います。

それに初めて行く場所なら何がいいのか皆目見当が付かないことの方が普通です。それゆえに帰りの空港などにあるおみやげ屋さんを巡ったりして色々思案することになります。

さて、大阪から沖縄へ旅行へ行く場合だと、大阪にないもので沖縄にあるものをおみやげとして思いついたりします。例えば、どこかに飾れるものであれば、シーサーの置物とかが考えられます。

シーサーのイメージは神社にある狛犬のような感じです。しかし沖縄では、家の屋根の上にも置いたりします。魔除けの意味を持つ伝説上の獣です。大きく目を見開いて悪霊が来ないようにしています。手のひらに載せられるような小さいサイズで、可愛らしいデザインのものも売っていたりします。

後、色とりどりで美しい琉球ガラスもいいかもしれません。服であれば、かりゆしウェアがあります。アロハシャツのようなイメージで、沖縄にある植物などをモチーフにした柄が大きく施されていたりします。夏にはその柄が涼しげに見える半袖の服です。

伝統的なミンサー織りといったものもあるので、その帯もいいでしょうし、それを装飾した財布とかネクタイとかもいいかもしれません。その他にも泡盛であるとか三線であるとか、大阪になくて沖縄にあるものは色々あります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *