Skip to content

沖縄から大阪へ行くルート

沖縄から大阪へ旅行に行く場合、一般的には飛行機で沖縄の那覇空港から関西国際空港や伊丹空港へ向かうことになるでしょう。

新幹線にも乗りたいという場合だと、那覇空港から鹿児島空港まで飛行機で行くか、もしくは那覇の港から鹿児島の港までフェリーで行き、鹿児島中央駅から九州新幹線の鹿児島ルートと山陽新幹線を経由して新大阪駅まで走ることになります。

鹿児島中央駅から直通でいくタイプも走っているので乗り換えなしで行けます。他にも那覇空港から福岡空港まで飛行機で向い、博多駅から新幹線に乗るといった方法も考えられます。

ところで大阪と言えば、食い倒れの街を象徴するミナミ(難波・心斎橋)の辺りやエンターテインメントのテーマパーク、大阪城、それに数年前に開業した日本一の超高層ビルに古くからある通天閣などの名所があります。

そういったところへ行く場合は、関西国際空港へ飛んだ方がいいでしょう。関西国際空港からはJRや私鉄が先ほど挙げた場所の近くまで特急を運行しています。またリムジンバスも運行しています。新幹線に乗って来た場合だと、JRや地下鉄を使うと先ほどの場所へ行くことが出来ます。

伊丹空港からだと、そこから出ているリムジンバスか、モノレールに乗車して私鉄や地下鉄に乗り換えることになります。現在は緑地になりひっそりと佇んでいる1970年開催の万博会場のシンボルだった太陽の塔が目当ての場合は、伊丹空港からモノレールだけで行けます。

ミナミの辺りは、ど派手な賑やかさがあり沖縄にはないコテコテした大阪の雰囲気を感じられると思います。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *