Skip to content

白馬エリアでスノボにおすすめなゲレンデ

「白馬八方屋根スキー場」は、1998年の長野オリンピックでアルペンスキーの競技会場になったことでも知られる国内最大級の大きさを誇るスキー場です。

中級者から上級者向けのコースがメインとなっていますが、咲花ゲレンデという初心者向けのコースも用意されているので、誰でも楽しく滑ることができるスキー場となっています。

「HAKUBAVALLEY鹿島槍」は、白馬エリアのスキー場の中でもナイターゲレンデを完備しているということが大きな魅力で、夜遅くまででもスノボを楽しむことができるので、若い人に人気のスキー場といえます。

超難関といわれる月夜棚スーパーダウンヒルコースや爽快に滑ることができるコース1-B・Cなど、初心者から上級者までが楽しめる充実したコースが広がっています。夜も営業しているパークエリアだけではなくキッズパークにも力を入れているスキー場なので、子供連れのファミリーでも有意義な時間を共有することができます。

「白馬岩岳スノーフィールド」は、白馬エリアの中では唯一の独立した山がゲレンデとなっているため、ここでしか楽しめない山頂からの360度パノラマを堪能することができ、スキーやスノボという目的以外に景色を見るために何度も訪れるファンもいるほどです。

スキー場としてのクオリティも申し分なく、趣向を凝らした25のコースが用意されているので、スキーやスノボの初心者からプロ級の上級者まで誰でも気持ち良く滑ることができるスキー場になっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *