Skip to content

志賀高原でのスキーの特色

長野県に位置する志賀高原は、上信越高原国立公園にあたるため自然の宝庫といえ、夏場はハイキング客などが多く集まりますが、冬場になれば大小さまざまなスキー場が開設され、全国からスキーヤーたちが訪れます。

街なかにある旅行代理店でも志賀高原行きのパッケージツアーはいろいろと企画されており、目的にあわせて日程や宿泊先などがわかれています。志賀高原でスキーをする際に特徴的なところとして、あらゆる人を受け入れることができるだけの多様性をもつことが挙げられます。

志賀高原は丸池から奥志賀、熊の湯に至るまでの広大なエリアが該当するため、そのなかには難易度が高いコースから低いコースまで存在しています。上級者にとってみても満足ができるコースがあるとともに、初心者でも安全が確保されたコースがあるため、みずからのレベルにあわせて行き先を決めることができます。

また天然の温泉地帯もエリア内に含まれているため、温泉旅館などに宿泊ができれば、スキーとともに温泉のほうも楽しむことが可能です。そこで旅行代理店のパッケージツアーなどでは往復のバスと温泉旅館の宿泊をセットにしているものなども登場しています。

ほかに志賀高原の付近はとりわけ標高があるため、冬場を過ぎて春になってもまだ積雪が残り、十分にスキーをするだけの余裕があることも挙げられます。できるだけ長いシーズンにわたって楽しみたいという人にとっては絶好のスポットといえ、リピーターも多くなっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *